2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月27日 (水)

おのくん

次回4月28日の第6段チャリティーイベントでも販売する
「ソックモンキーおのくん」の写真集がいよいよ発売されます。
以下「ふんばろう東日本支援プロジェクト」さんのFaceBookより
■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
東松島市小野駅前仮設住宅で作られるキャラ「おのくん」
支援の輪が広がり、ついに写真集発売!
■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
「おのくん」は、宮城県東松島市小野駅前応急仮設住宅のおかあさんたちが作るキャラクター。そのなんともいえないかわいさにファンが急増中です!「里親」のみなさんが投稿してくれたおのくんの写真が、一冊の写真集になりました。3月27日、全国の書店で発売!お求めは ふんばろう商店でどうぞ。(^o^)/
http://astore.amazon.co.jp/fumbaro01-22/detail/4800620074

おのくん写真集「おら、おのくん」
おのくん本制作委員会 編・著
発行:インフォレストパブリッシング株式会社
¥1,470円(税込)
♪この写真集の売上の一部は小野駅前応急仮設に贈り、おのくんのエサ代(材料費)、そしておのくんスタッフの活動のために使っていただきます。

おのくんについてもっと知りたい方は、
おのくんオフィシャルfacebookページへ!
http://www.facebook.com/onokunpages

おのくんの活躍ぶりはfacebookグループ「おのくん親バカサロン」で楽しむことができます。
http://www.facebook.com/groups/373528859391413/

おのくんオフィシャルサイト
http://socialimagine.wix.com/onokun


=======

おら、おのくん。
東松島生まれのおのくん
おのくんって誰?
おのくんはソックモンキー(手縫いのぬいぐるみ)です。

おのくんは、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々が、ふるさと奥松島の復興を願って生まれたキャラクターです。
これまでの暮らしから一変、突然の大震災、そして津波。先の見えない状況のなかで、さまざまな困難に立ちむかいながら、「めんどくしぇ」とぼやきつつ、日々前向きに、新たな未来を築いていこう、そういう思いを込めて生まれました。
元は100年以上前、米国の貧しい労働者階級のおかあさんが、子どもにプレゼントするために、おとうさんの古い靴下を改良して縫ったぬいぐるみ「ソックモンキー」。そのかわいさに惚れこんだ小野のおかあさんたちも、おのくんをひとつひとつ手縫いしています。

おのくんの出生地は、東松島市小野駅前地区応急仮設住宅。現在も数十世帯がこちらで生活をしています。仮設生活後まもなくして自治会が発足しました。仮設住宅で生活をする人々が集まり協力をして何かできるものはないか・・・そんなとき支援者が紹介してくれたソックモンキーに出会い、それをきっかけにおのくんが誕生しました。作り手となるのは小野仮設の10名のお母さんたち。ミシンと作業台が置かれている集会所は年中無休。誰かがいつもいて、優しく迎えてくれます。そして、小野仮設に行けば、だれでも一つ1000円でおのくんの里親になれます。

おのくんは、全て手縫いです。ひとつ作るのに約3時間。ひとつとして同じものはありません。現在ではおのくんを譲り受けた「里親」は6000名にも上ります。その里親さんたちに、「おのくんの今を撮って送ってください」とお願いしたところ、全国各地で生活をしている膨大な数の「おのくん写真」が投稿されてきました。この書籍は、そんなおのくんの「今」を伝える、全国の里親さんが協力してできた写真集です。おのくんを知らなかった人も、その不思議な魅力に取りつかれることでしょう。

遅々とした復興は進みません。小野仮設のお母さんたちは「めんどくしぇ」とつぶやきながら、日々カラフルな靴下たちに針を通しています。この「めんどくしぇ」の精神は、テレビ、新聞を始め多くのメディアで取り上げられました。おかあさんたちは被災者でありながらメディアへの取材も厭いません。それは「東松島と小野仮設のことを知ってもらいたい」という思いから。その思いを込められたおのくんは、小野仮設のメッセンジャーでもあるのです。
■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
東松島市小野駅前仮設住宅で作られるキャラ「おのくん」
支援の輪が広がり、ついに写真集発売!
■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
「おのくん」は、宮城県東松島市小野駅前応急仮設住宅のおかあさんたちが作るキャラクター。そのなんともいえないかわいさにファンが急増中です!「里親」のみなさんが投稿してくれたおのくんの写真が、一冊の写真集になりました。3月27日、全国の書店で発売!お求めは ふんばろう商店でどうぞ。(^o^)/
http://astore.amazon.co.jp/fumbaro01-22/detail/4800620074

おのくん写真集「おら、おのくん」
おのくん本制作委員会 編・著
発行:インフォレストパブリッシング株式会社
¥1,470円(税込)
♪この写真集の売上の一部は小野駅前応急仮設に贈り、おのくんのエサ代(材料費)、そしておのくんスタッフの活動のために使っていただきます。

おのくんについてもっと知りたい方は、
おのくんオフィシャルfacebookページへ!
http://www.facebook.com/onokunpages

おのくんの活躍ぶりはfacebookグループ「おのくん親バカサロン」で楽しむことができます。
http://www.facebook.com/groups/373528859391413/

おのくんオフィシャルサイト
http://socialimagine.wix.com/onokun


=======

おら、おのくん。
東松島生まれのおのくん
おのくんって誰?
おのくんはソックモンキー(手縫いのぬいぐるみ)です。

おのくんは、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々が、ふるさと奥松島の復興を願って生まれたキャラクターです。
これまでの暮らしから一変、突然の大震災、そして津波。先の見えない状況のなかで、さまざまな困難に立ちむかいながら、「めんどくしぇ」とぼやきつつ、日々前向きに、新たな未来を築いていこう、そういう思いを込めて生まれました。
元は100年以上前、米国の貧しい労働者階級のおかあさんが、子どもにプレゼントするために、おとうさんの古い靴下を改良して縫ったぬいぐるみ「ソックモンキー」。そのかわいさに惚れこんだ小野のおかあさんたちも、おのくんをひとつひとつ手縫いしています

おのくんの出生地は、東松島市小野駅前地区応急仮設住宅。現在も数十世帯がこちらで生活をしています。仮設生活後まもなくして自治会が発足しました。仮設住宅で生活をする人々が集まり協力をして何かできるものはないか・・・そんなとき支援者が紹介してくれたソックモンキーに出会い、それをきっかけにおのくんが誕生しました。作り手となるのは小野仮設の10名のお母さんたち。ミシンと作業台が置かれている集会所は年中無休。誰かがいつもいて、優しく迎えてくれます。そして、小野仮設に行けば、だれでも一つ1000円でおのくんの里親になれます。

おのくんは、全て手縫いです。ひとつ作るのに約3時間。ひとつとして同じものはありません。現在ではおのくんを譲り受けた「里親」は6000名にも上ります。その里親さんたちに、「おのくんの今を撮って送ってください」とお願いしたところ、全国各地で生活をしている膨大な数の「おのくん写真」が投稿されてきました。この書籍は、そんなおのくんの「今」を伝える、全国の里親さんが協力してできた写真集です。おのくんを知らなかった人も、その不思議な魅力に取りつかれることでしょう。

遅々とした復興は進みません。小野仮設のお母さんたちは「めんどくしぇ」とつぶやきながら、日々カラフルな靴下たちに針を通しています。この「めんどくしぇ」の精神は、テレビ、新聞を始め多くのメディアで取り上げられました。おかあさんたちは被災者でありながらメディアへの取材も厭いません。それは「東松島と小野仮設のことを知ってもらいたい」という思いから。その思いを込められたおのくんは、小野仮設のメッセンジャーでもあるのです。

2013年3月 1日 (金)

チャリティーイベント締め切りまであと少し

「小さな店主が集まるチャリティーイベント ~元気にいこう!みやぎ~」

第6弾の募集を引き続き行っております。

これまでにも参加してくださったことのあるかたや、初めてのかたにも

ご応募いただき、4月のイベントがとても楽しみになって参りました。

応募締め切りまであと10日となりましたので

参加をご検討いただいているかたはお早めにご連絡いただければと思います。

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

東日本大震災後にはじめたこのチャリティーイベントも次回で6回目の開催を迎えます。
次回の小さな店主が集まるチャリティーイベント~元気に行こう!みやぎ~は、4月28日(日)に開催します。
開催にあたりまして、出店者の募集を致します。

-----------------------------------------------------------
小さな店主が集まるチャリティーイベント~元気にいこう!みやぎ~ 第6弾 

日時:4月28日(日) <雨天決行>10:30~15:30

場所:みどりの森幼稚園
     宮城県仙台市青葉区柏木1-7-45  地図→☆ 

-----------------------------------------------------------

3.11の東日本大震災から、この3月で丸2年になろうとしています。

チャリティーイベントの開催を重ねてゆくうちに、このチャリティーイベントの支援本来のあるべき姿を考え、もっと良いイベントを皆さまと作っていきたいと思うようになりました。
沢山の方から、「継続的な支援をしたい」「自分にも出来ることからやっていきたい…」とこのチャリティーイベントにご賛同いただくことも考慮し、今回から出店参加者を公募という形で募集させていただくことに致しました。

当チャリティーイベントの趣旨にご賛同いただき、ご参加いただける際は、下記のチャリティーイベント応募要項をご確認いただき、お申込みをお願いいたします。

第6弾チャリティーイベント参加申し込み要項はこちら→「vol.6募集要項.pdf」をダウンロード

第6弾のイベントの詳細に関しては、追ってこちらのブログでお知らせいたします。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

小さな店主が集まるチャリティーイベント~元気にいこう!みやぎ~
                             主催スタッフ一同より

小さな店主が集まるチャリティーイベントFacebook → 

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »